090-2107-1027

月~水、金:昼 11:30~14:00、夜 17:30~20:30

https://natsu-curry.com

調理器具

ハンドブレンダー(MQ7000X)でつぶす・混ぜるがめちゃくちゃ楽になった

以前Infinityカレーのバリエーションを増やそうと思い、ポタージュ的なカレーを作りました。

↑の写真の手前の緑色のカレーは「ほうれん草のポタージュカレー」です。

ポタージュを作る際、具材をクリーミーにつぶし混ぜるのですが、その際に使う器具はミキサーかフードプロセッサーかハンドブレンダーのいずれかです。

調理過程を脳内シミュレーションした結果、ハンドブレンダーを導入することにしました。

結論から言うと、ブラウンのハンドブレンダー MQ7000Xを購入しました。Amazonで8000円くらいです。↓にリンクを載せておきます。

これを購入した理由をご紹介します。

ハンドブレンダーのいいところ

なぜミキサーなどではなくハンドブレンダーを選択したのか?

1. 一度にたくさん調理出来る

店舗で調理する場合、何十人前の量を一度に仕込みます。

例えばミキサーで調理する場合を考えると途方に暮れます。容量600mlのミキサーで6L(6000ml)調理しようと思うと、10回もミキサーにかけて移し替えるという作業が必要になります。

ブレンダーの場合はそれが解消されます。

食材がすべて入る容量のずん胴鍋を用意し、そのずん胴鍋に食材を入れハンドブレンダーをかければ、移し替えは発生しません。

効率がめちゃくちゃよくなり、めちゃくちゃ楽です。

2. 食材が熱い状態で使える

ポタージュを作るとき、食材をある程度加熱し柔らかくしてからハンドブレンダーやミキサーにかけます。

このハンドブレンダーの混ぜる部分(ブレンダーシャフトといいます)はステンレス製で耐熱仕様になっています。

マニュアル上MQ7000Xは80℃までが保証範囲になってます。

なので、少し冷ませばハンドブレンダーを使えます。

ミキサーも耐熱仕様のものがあるので、この点においては引き分けです。

3. お手軽に使える(洗い物が少ない)

洗い物が劇的に少ないです。

ブレンダーシャフトだけ洗えば終わりです。

ミキサーは容器、歯、蓋、ヘラ、などなど洗わないといけない部品が多いですよね。

 

以上の3点が理由でハンドブレンダーを購入することにしました。

MQ7000Xに決めた理由

では、なぜ数あるハンドブレンダーの中からMQ7000Xを選んだのか?

1. 握りやすい形状なので長時間使っても疲れにくい

このブレンダーは握る部分にくびれがあり握りやすいです。

またブラウンのハンドブレンダー上位機種は握る部分にゴムが使われているので滑り落ちにくく、長時間の使用に向いています。

一度にたくさん仕込むので長時間使うことになります。疲れにくい形状なのはうれしいです。

2. 400Wのハイパワーで仕上がりが早い

パワーが仕上がりの速さに直結します。一般的に300W以上あればストレスなく使えるそうです。

ブラウンだと500WのMQ9035Xというモデルもありますが、400WのMQ7000Xを選びました。

なぜかと言うと↓

3. アタッチメントがブレンダーシャフトのみというシンプル構成

500WのMQ9035Xは、私は使いそうにないアタッチメントがついていました。

その分お値段もします。

MQ7000Xはブレンダーシャフトのみで求めやすい価格!

さいごに

このハンドブレンダー(MQ7000X)を買ってホントによかったです。

ポタージュ系のカレー以外にも使用しています。

欧風カレーの調理で、野菜やフルーツを細かくする工程があります。

もともとはフードプロセッサーでやっていましたが、ハンドブレンダーにすることで劇的に効率化しました。

他のメニューにも展開できないか、新たなカレー作りが出来ないか日々考えてます。

  • この記事を書いた人

お手伝い

カレー作り担当です。 Make You Happy with Curry & Cookie(カレーとクッキーであなたを幸せに!)をスローガンにお店づくりしてます! 茨木市 総持寺駅徒歩1分のところにお店があります!たくさんの方々とたのしいお店を作っていけたらと思っています。

-調理器具
-, ,

© 2021 Infinity | カレーとクッキーのお店